目のかすみや視力回復にはルテインが効果的って本当??


アントシアニンが眼精疲労に良いとされるのは、目に疲れが溜まってきた時にはたらきが悪くなるロドプシンの動きを良くする効能があるからです。

なので今ではブルーベリーではなく、アントシアニンが豊富なビルベリーが人気を呼んでいます。ゼアキサンチンはルテインととっても似た性質を持っています。

それもそのはずで、ゼアキサンチンとルテインは同じもので、ルテインが身体の中で変換されたものがゼアキサンチンとなります。だからゼアキサンチンの効果はルテインととっても似ています。

スマホ老眼に気を付けるには1時間に1回は10分程度休憩してスマホを長い時間見ることを止めたり、スマホを活用する時は画面を見る距離には気をつけて目から離してみること、スマホの光の強さを落として虹彩への負担を抑えるのも有効です。

スマホ老眼やかすみ目、目の乾きもアイケアサプリでブルーベリーやビルベリー、アスタキサンチンなどの目に良い成分を摂取することで治す効果を得ることができたりするのです。

もちろん、目に違和感を感じた時は無理をせずに休ませることも大事です。

スマホ老眼という近代病は至近距離で画面を見つづけることで毛様体筋が疲れて起きる障害のようなものではありますが、毛様体筋を酷使せずにスマホやパソコンの画面を見れるように工夫されたスマホメガネを使うとスマホ老眼を抑止する事ができます。

またそれと同時進行でスマホ老眼の改善にもスマホ老眼を治す効果にお薦めです。

ルテインはスマホやタブレットから出る目に有害な光から目を守るだけでなく、歳を負うことで起こる老眼の症状を抗酸化効果によって緩和指せるはたらきにも期待する事ができます。

スマホ老眼は近距離でスマホを見つづけることで、老眼の症状のようにピント調整がうまくできなくなることを言います。

一時的に老眼のような症状になることが多いですが、毎日のように続くと重症化して戻らなくなる場合があるので注意が必要になります。

ルイテインは水晶体や黄斑などに合って、老化を防ぐ抗酸化作用や、光を吸収することで目を守っていますが、加齢することでその役割を果たせなくなり白内障や加齢黄斑変性症などの目の病気になる可能性が高くなります。ドライアイは目の疲れや、コンタクトレンズの悪影響、ストレスや疲労、スマホなどの長時間の使用などの様々な要因によって起こる目の異常の一つです。改善には目をしっかり休めること、目を使いすぎないこと、スマホなどの画面を見すぎないことが効果的ですが、プラスαで目のサプリメントを利用するのも効果的です。

目の疲労やかすみの改善や対策にはビルベリーやクロセチンが含まれた目に良いサプリがイチオシです。ビルベリーやルテインの効果によって目の疲れやかすみ目が良くなるだけでなく、ブルーライトなどの有害な光から目を守る効果にも期待する事ができるからです。世間的にビルベリーが眼に効くと認知されるのは、目の健康に良いアントシアニンが沢山入っているからです。有名なのはブルーベリーですが、ビルベリーの方が栄養価が高いことから最近ではブルーベリーよりもビルベリーの方が認知されはじめています。スマートフォンやパソコンの光は目には強すぎる有害な光です。

だがルテインは支障をきたす光も吸収して目を危険から守る役割を発揮してくれます。眼精疲労は温かいタオルで目を温めたり、目薬で癒やしたり、目を酷使せずに休ませることで改善できる症状ですが、アイケアサプリでビルベリーなどの栄養素を補給することでより効果的に治すことができます。

よく読まれてるサイト⇒ルテイン サプリ ランキング